コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田隆三郎 ながた りゅうざぶろう

2件 の用語解説(永田隆三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田隆三郎 ながた-りゅうざぶろう

?-1849 江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。
代々幕府領の肥後(熊本県)天草郡古江村の庄屋。弘化(こうか)4年1万5000人を指導して銀主(高利貸兼地主)宅などをうちこわし,嘉永(かえい)2年処刑された。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

永田隆三郎

没年:嘉永2(1849)
生年:生年不詳
肥後国(熊本県)天領の天草郡栖本組古江村の庄屋で弘化4(1847)年一揆の指導者。第3次「相続方仕法」(流質地などの請戻し仕法)に対する不満から,当地で銀主とよばれる高利貸兼地主宅を打ちこわす。永田以下38人が入牢となった。<参考文献>『天草郡騒立一件』(『編年百姓一揆史料集成』17巻),松田唯雄『天草富岡懐古録』『天草近代年譜』,鶴田八洲成「天草法界平等一揆」(百姓一揆研究会編『天保期の人民闘争と社会変革』下),宮崎克則「近世中・後期における幕領肥後天草地方の社会情勢」(『九州史学』81号)

(宮崎克則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

永田隆三郎の関連キーワードジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎火成花崗岩武江年表スロバキア文学日舞花柳流宗家家元の花柳壽輔死去広岡浅子ライカカメラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone