コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永良部海蛇 エラブウミヘビ

大辞林 第三版の解説

えらぶうみへび【永良部海蛇】

海産の有毒蛇。全長約1.3メートル。からだは細長く円筒形で、尾の先端はひれ状に側扁する。灰青色で褐色の横帯が多数ある。陸生のヘビの形質が残り、産卵期は上陸する。食用、また薬用。インドネシアから南日本の近海に分布。エラブウナギ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

永良部海蛇の関連キーワード永良部鰻

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android