コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩南諸島 さつなんしょとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩南諸島
さつなんしょとう

九州の南方海上に位置する南西諸島のうち,北半部に属する大隅諸島吐噶喇列島奄美群島などの総称地質構造上は太平洋側(東側)から,古第三紀層褶曲帯(種子島喜界島など),古生層および中生層褶曲帯(屋久島奄美大島沖永良部島与論島など),火山帯硫黄島黒島,吐噶喇列島など)に大別される。気候,植生は九州とはかなり異なり,亜熱帯海洋性の特徴をもつ。産業はサトウキビパイナップルなどを中心とした亜熱帯農業が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

薩南諸島【さつなんしょとう】

大隅半島の南海上の種子島から南西方向に延び,与論(よろん)島に至る約500kmにわたる島嶼(とうしょ)群をいい,南西(なんせい)諸島の北半部にあたる。北から大隅諸島吐【か】喇(とから)列島奄美諸島(2010年3月より奄美群島)に分けられる。
→関連項目鹿児島[県]長崎鼻

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さつなんしょとう【薩南諸島】

鹿児島県大隅半島の南から台湾に連なる南西諸島のうち,北半の鹿児島県に属する部分をいう。沖縄諸島とともに太平洋と東シナ海を分けている。地質・地形的にみると外・中・内の3列に分かれ,外列(太平洋側)は種子島,喜界島などの新期岩石よりなる低平な島である。中央列は屋久島,奄美(あまみ)大島(大島),徳之島などの古期岩石よりなる高峻な島であるが,南の沖永良部(おきのえらぶ)島,与論島は類似成因でも低平である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さつなんしょとう【薩南諸島】

九州の南、沖縄本島の北に弧状に連なる島々。南西諸島の北半部をいい、奄美あまみ諸島・吐噶喇とから列島・大隅諸島などから成る。鹿児島県に所属。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕薩南諸島(さつなんしょとう)


九州南方沖に連なる南西(なんせい)諸島のうち、鹿児島県に属する島嶼(とうしょ)群の総称。大隅(おおすみ)諸島・吐噶喇(とから)列島・奄美(あまみ)諸島をさす。同県の宇治(うじ)群島・草垣(くさがき)群島を含めることもある。亜熱帯照葉樹林が茂り、沿岸には珊瑚礁(さんごしょう)が発達。第二次大戦後、北緯30度以南に位置する吐噶喇列島と奄美諸島は一時、アメリカの統治下におかれたが、前者は1952年(昭和27)、後者はその翌年返還された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薩南諸島
さつなんしょとう

鹿児島県大隅(おおすみ)半島の南海上、北緯30度50分付近から、南南西に向かい約500キロメートル、北緯27度付近の与論(よろん)島まで、大小約30の島嶼(とうしょ)群が並ぶが、これらを総称したもの。ここからさらに南西に延びる琉球(りゅうきゅう)諸島とあわせた南西諸島の北半部を占める。薩南諸島はまた北部より大隅諸島、吐(とから)列島、奄美(あまみ)諸島とよばれる3グループに分けられる。大隅諸島のおもな島には屋久(やく)島、種子島(たねがしま)、口永良部(くちのえらぶ)島などがあり、奄美諸島には奄美大島、喜界(きかい)島、加計呂麻(かけろま)島、徳之島、沖永良部(おきのえらぶ)島、与論島などがある。これらの島々は奄美、西之表(にしのおもて)の2市をはじめ12町4村に属する。総面積は約2352平方キロメートル。各島の位置する緯度や周辺海域の状況により、地形や植生はたいへん多様である。「道の島」とよばれ、過去長い間南方や大陸からの文化の進入経路にもなっていたため、個々の島嶼にはもとより、本土とも異なった風習、言語などを残存させている。第二次世界大戦後の一時期、北緯30度以南の島々がアメリカの軍政下に置かれた(1952年(昭和27)まで吐喇列島、1953年まで奄美大島)。おもな島々へは鹿児島から毎日大型定期船や航空機の便がある。[塚田公彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

薩南諸島の関連キーワードイイジマムシクイホオジロ(頰白)ハマトビウオ鹿児島[県]鹿児島(県)沖縄(県)平家伝説九州地方沖縄本島屋久島町川辺十島鬼界ヶ島上屋久開聞岳永田浜潮嘗め鹿児島豊年踊八月踊渡瀬線