コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永領地 えいりょうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永領地
えいりょうち

永年買地,永地などとも呼ばれる。中世年紀売地 (ねんきうりち) などに対し,永代売買の行われた土地の呼び名。永領地は,鎌倉時代以来,売買当事者の身分や,契約後の年期などにより徳政令 (→徳政 ) の対象とされたが,嘉吉1 (1441) 年以降,その適用を免れるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android