コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汎心論 ハンシンロン

デジタル大辞泉の解説

はんしん‐ろん【汎心論】

panpsychism》生物・無生物に関係なく万物に心があるとする宗教・哲学観。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんしんろん【汎心論】

自然のあらゆる存在には心があるとする説。無数の個体がすべて精神的実体として、明暗の差はあれそれぞれ宇宙を映す心であるとするライプニッツのモナド論などがその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

汎心論の関連キーワードライプニッツフェヒナーモナド論物活論

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android