汚染米(読み)おせんまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汚染米
おせんまい

農薬や工場廃液などに含まれているカドミウムなどで汚染された米をいう。 1970年7月厚生省は米に含有されているカドミウム濃度の安全基準を玄米で 1ppm以下,精白米で 0.9ppm以下と決め,基準をこえる汚染米は自治体が買上げ,焼却処分するとしている。さらに 0.4ppm以上の米も準汚染米とし,国が買上げ,工業用糊などの原料にしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おせん‐まい〔ヲセン‐〕【汚染米】

かびが生えたり、基準以上の農薬が残留したりして汚染された、食用にならない米。→事故米

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

汚染米の関連情報