江戸城障壁画の小下絵(読み)えどじょうしょうへきがのこじたえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸城内の (ふすま) などに描かれた障壁画の彩色原画。 1987年秋に東京国立博物館で整理・発表されたもので,幕末期の江戸狩野派の絵師である狩野養信 (おさのぶ) によって描かれたもの。 264巻にも及ぶ。江戸城再建に際し,各部屋の襖や壁の絵が下絵として残されていたもの。廊下歌舞伎の背景と全く違っていることなどで話題となった。さらに,翌 88年には大阪天満宮にも同様の小下絵8巻が発見された。このうち5巻は新史料で,の部屋といわれた本丸の「水車の間」などの襖絵図柄が明らかとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android