コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野養信

3件 の用語解説(狩野養信の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

狩野養信

江戸後期の画家。木挽町狩野家第九代。江戸生。木挽町八代伊川院栄信の長男。養信は名、号は会心斎・玉川、通称は庄三郎。画法を父に学ぶ。文政2年(1819)法眼に叙せられ、家督を継ぐ。のち法印に進み、晴川院と称する。弘化3年(1848)歿、51才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野養信 かのう-おさのぶ

1796-1846 江戸時代後期の画家。
寛政8年7月26日生まれ。木挽町(こびきちょう)狩野家の伊川の長男で,文政11年(1828)跡をつぐ。のち法印となった。江戸城西の丸・本丸の障壁画を制作。また中国や日本の古典作品の模写に力をそそいだ。弘化(こうか)3年5月19日死去。51歳。号は玉川,晴川院(せいせんいん),会心斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

狩野養信

没年:弘化3.5.19(1846.6.12)
生年:寛政8.7.26(1796.8.28)
江戸後期の画家。晴川院,会心斎と号す。狩野伊川院栄信の子で,木挽町狩野家9代目。文政2(1819)年法眼に,天保5(1834)年法印となる。古絵巻類の模写などを通じて古典的なやまと絵の研鑽を積み,狩野派に新風を吹き込んで幕末の狩野派の重鎮となる。代表作「源氏物語 子の日図屏風」(遠山記念館蔵)。2度にわたって統率した江戸城障壁画制作(1839年西の丸と1845年本丸)の実態は,下絵と「公用日記」(ともに東京国立博物館蔵)によりかなり詳しく知ることができる。<参考文献>東京国立博物館編『江戸城障壁画の下絵』

(仲町啓子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狩野養信の関連キーワード狩野晴川院狩野栄信椿恒吉中江杜徴畑中西山畑中銅脈織田東民岡本茂彦狩野師信勇村一甫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狩野養信の関連情報