池島 重信(読み)イケジマ シゲノブ

20世紀日本人名事典の解説

池島 重信
イケジマ シゲノブ

昭和期の文芸評論家 法政大学名誉教授。



生年
明治37(1904)年1月2日

没年
平成3(1991)年8月18日

出生地
茨城県水戸市

学歴〔年〕
法政大学哲学科〔昭和4年〕卒

経歴
法政大学助手、講師を務めたが、昭和10年の法政騒動で野上豊一郎と共に辞職し、日本放送協会教養部に勤務。戦後になって法政大に戻り、教授、文学部長などを歴任した。ドイツ哲学、とりわけF.ブレンターノとM.シェラーを専門とするが、10年頃から文芸評論も執筆した。「知性の敗北」「ドストエフスキーの哲学」をはじめ、多くの著書、翻訳書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android