コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野上豊一郎 のがみとよいちろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野上豊一郎
のがみとよいちろう

[生]1883.9.14. 大分
[没]1950.2.23. 東京
能楽研究家,英文学者。 1908年東京大学英文科卒業。卒業後,法政大学講師となり,教授予科長などを経て,47年総長となった。第一高等学校時代から夏目漱石に師事。 G.B.ショー,ギリシア古典劇から能の研究に入り,1938年ケンブリッジ大学で,世阿弥についての講義を行うなど,能の海外紹介にも努めた。『能・研究と発見』『能の再生』『能の幽玄と花』『世阿弥元清』など著書多数。夫人は小説家野上弥生子

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のがみ‐とよいちろう〔‐とよイチラウ〕【野上豊一郎】

[1883~1950]英文学者・楽研究家。大分の生まれ。号、臼川(きゅうせん)。弥生子の夫。夏目漱石門下。能の研究に新分野を開き、また、その海外紹介に努めた。著「」「能の再生」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野上豊一郎 のがみ-とよいちろう

1883-1950 大正-昭和時代の能楽研究者,英文学者。
明治16年9月14日生まれ。野上弥生子(やえこ)の夫。夏目漱石(そうせき)に師事。大正9年法大教授,昭和22年総長。イギリス演劇,ギリシャ古典劇から能の研究にすすみ,国の内外で能の普及,紹介につとめた。昭和25年2月23日死去。66歳。大分県出身。東京帝大卒。号は臼川(きゆうせん)。著作に「能―研究と発見」「能の再生」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

のがみとよいちろう【野上豊一郎】

1883‐1950(明治16‐昭和25)
英文学者,能楽研究家。大分県の生れ。号は臼川(きゆうせん)。一高を経て,東大英文科卒。法政大学講師,教授を経て,1947年総長となる。早く一高在学中から夏目漱石に師事し,一時は小説も書いたが,のち能楽研究に進む。一方,英文学者として英文学のみならず,ドイツ,フランス,ギリシア文学の研究,紹介にも力を尽くした。能については,金春流シテ方桜間伴馬(ばんま)の至芸の影響や,1909年吉田東伍が《世阿弥十六部集》を公刊したことから能の科学的研究を志し,斬新かつ独創的な研究を発表し続け,新分野を開拓した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のがみとよいちろう【野上豊一郎】

1883~1950) 英文学者・能楽研究家。大分県生まれ。号、臼川。法政大学総長。夏目漱石に師事。能の研究に新生面を開き、また海外に紹介。著「能研究と発見」「能の再生」「能の幽玄と花」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野上豊一郎
のがみとよいちろう
(1883―1950)

英文学者、能楽研究家。臼川(きゅうせん)と号した。大分県生まれ。1908年(明治41)東京帝国大学英文科卒業。翌年法政大学講師となり、以後昇任して、46年(昭和21)同大学学長、翌年総長に就任。旧制第一高等学校在学中から夏目漱石(そうせき)に師事。ギリシア古典劇から能へと研究対象を進める。宝生新(ほうしょうしん)について下掛(しもがかり)宝生流を稽古(けいこ)。1938年日英交換教授として渡英、以後も能の海外紹介に貢献する。著編書は『能・研究と発見』『能の再生』『能の幽玄と花』『謡曲全集』『能楽全書』ほか多数。没後その遺志を受け、法政大学に野上記念能楽研究所が設立された。作家野上弥生子(やえこ)は夫人。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

野上豊一郎の関連キーワードバシュキルツェフ真夏の夜の夢野上 弥生子池島 重信世阿弥元清春のめざめ昭和時代マクベス桜間弓川野上素一新生面宝生新能舞台観阿弥小林能面

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android