コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池泉回遊式 チセンカイユウシキ

デジタル大辞泉の解説

ちせんかいゆう‐しき〔チセンクワイイウ‐〕【池泉回遊式】

江戸時代に発達した日本庭園の一様式。池とその周囲を巡る園路を中心に作庭するもの。桂離宮・金沢兼六園六義園など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちせんかいゆうしき【池泉回遊式】

日本庭園の形式の一。中心に池を設け、その周囲を巡りながら観賞する。江戸時代の代表的庭園形式。桂離宮・金沢兼六園・岡山後楽園など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

池泉回遊式の関連キーワード愛媛県宇和島市津島町近家慈照寺〈銀閣寺〉庭園鹿苑寺〈金閣寺〉庭園岡山藩主池田家墓所旧有備館および庭園万福寺(島根県)愛媛県宇和島市後楽園(岡山)水前寺成趣園小石川後楽園熊本県熊本市津島〈町〉岡山後楽園万福寺庭園天王寺公園孤篷庵庭園高台寺庭園天龍寺庭園西芳寺庭園常栄寺庭園

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

池泉回遊式の関連情報