池泉回遊式(読み)チセンカイユウシキ

大辞林 第三版の解説

ちせんかいゆうしき【池泉回遊式】

日本庭園の形式の一。中心に池を設け、その周囲を巡りながら観賞する。江戸時代の代表的庭園形式。桂離宮・金沢兼六園・岡山後楽園など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちせんかいゆう‐しき チセンクヮイイウ‥【池泉回遊式】

〘名〙 江戸時代に発達した日本庭園の一様式。池の周囲を一周しながら庭園を観賞するしくみ。桂離宮、小石川後楽園、六義園、岡山後楽園、金沢兼六園などが有名。回遊式。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

池泉回遊式の関連情報