コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六義園 りくぎえん

6件 の用語解説(六義園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六義園
りくぎえん

東京都文京区本駒込にある名園。柳沢吉保下屋敷の庭として元禄 15 (1702) 年に造られ,千川上水から水を引いた池を中心にした約8万 7800m2の回遊式築山池泉庭園。徳川5代将軍綱吉もしばしば遊んだという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りくぎ‐えん〔‐ヱン〕【六義園】

東京都文京区にある都立公園。元禄年間(1688~1704)柳沢吉保が別邸に造った池泉回遊式庭園。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

六義園【りくぎえん】

東京都文京区本駒込にある東京都の庭園(特別名勝)。1702年完成の柳沢吉保の下屋敷跡。回遊式庭園で,和歌の六義にのっとって造園したという。明治初年,岩崎弥太郎の所有となり,1938年東京市に寄付。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りくぎえん【六義園】

東京都文京区本駒込6丁目にある回遊式の庭園。柳沢吉保の下屋敷跡。将軍徳川綱吉より1695年(元禄8)当時の染井村駒込に4万7000坪の地を与えられた吉保が7ヵ年余をかけて完成し,彼みずから園名を六義園(むくさのその),屋形を六義館(むくさのたち)と名付けた。《古今集》の序にある和歌の六義にのっとった命名で,吉保自撰の園記にあるように,和歌浦のすぐれた名所を写し,〈和歌〉にちなんで《万葉集》《古今集》などの歌枕や歌意より園景に88境を作っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りくぎえん【六義園】

東京都文京区にある池泉回遊式庭園。元禄年間(1688~1704)柳沢吉保が別邸としてつくり、明治以後、岩崎家を経て東京都所有となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六義園
りくぎえん

東京都文京区本駒込(ほんこまごめ)6丁目にあり、回遊式築山(つきやま)泉水の名園。1695年(元禄8)老中柳沢吉保(よしやす)が5代将軍徳川綱吉(つなよし)から中屋敷として拝領した駒込染井村の地に、別業と庭園をつくったのに始まる。1701年11月に綱吉を園に招いているから、すでにそのころ完成していたと考えられる。名称は、中国の『詩経』大序にある詩の分類法の六義にちなみ、吉保自身の命名したもの。彼の没後荒廃していたが、明治初年に三菱(みつびし)の岩崎弥太郎(やたろう)が別邸として復旧、1938年(昭和13)岩崎家から東京市に寄贈され、現在に至る。特別名勝で、総面積は約8万7800平方メートル。大池泉に中島を大きくつくり、巨石で蓬莱石組(ほうらいいわぐみ)を構成、さらに岩島をつくり、池畔にはアシを繁茂させているが、護岸石組はほとんどなく、自然主義的である。これは、和歌に熱中した吉保の、歌に詠まれた景観からの意匠である。また、大築山の山畔は自然の深山を思わせるもので、ここに巨大な滝石組をこしらえ、豊かに水を流し落とす。その流れには多数の石を用いて、深い渓谷の様相を表現、本園中のもっとも優れた局部的景観となっている。[重森完途]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の六義園の言及

【庭園】より

…まるみのある石が好んで使われたのはこのころである。18世紀初期,柳沢吉保がつくった江戸の六義園(りくぎえん)は,和歌趣味にあふれた,明るい庭として有名であり,岡山の茶屋屋敷の庭(現在,岡山後楽園という)も芝生を主とした庭である。四国の高松にある栗林荘(りつりんそう)もやはり大名の別荘である(栗林公園)。…

【柳沢吉保】より

…1701年には松平の家号を許されるとともに,綱吉の偏諱(へんき)を与えられ,保明は吉保,その子安貞は吉里と改めた。04年(宝永1)には従来徳川一門にしか与えられたことがない甲斐15万石に封ぜられ,甲府城主となったが,09年綱吉が死去し,その甥家宣が6代将軍に就任すると,吉保は隠居して保山元養と号し,1714年駒込の別荘六義園で死去した。吉保の著しい栄進は将軍綱吉の異常なまでの寵愛によるものであったから,吉保は悪らつな策謀家であるとの風評が《護国女太平記》などによって広く流布しているが,彼はさほどの悪人ではなく,むしろ愚直なほど誠実に綱吉の意に従った側近であったといえよう。…

※「六義園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六義園の関連キーワード東京都文京区大塚東京都文京区音羽東京都文京区春日東京都文京区水道東京都文京区関口東京都文京区西片東京都文京区根津東京都文京区白山東京都文京区本駒込東京都文京区弥生

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六義園の関連情報