コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田瑞仙 いけだずいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田瑞仙
いけだずいせん

[生]享保19(1734)
[没]文化13(1816)
江戸時代後期の痘科医。周防岩国の人。名は独美,字は善卿,号は錦橋。曾祖正直が明の戴曼公から痘科の秘術を学んで代々これを受継いだ。安永6 (1777) 年,痘瘡が流行したときに瑞仙は伝来の秘術を用いて治療を行い,顕著な効果をあげた。その後,痘瘡の研究に専念,寛政9 (97) 年に幕府の医官となり,初めて医学館で痘科を教えた。主著は『痘科辨要』『痘科鍵刪正』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いけだ‐ずいせん【池田瑞仙】

[1734~1816]江戸後期の幕府医師。周防(すおう)岩国の人。和蘭(オランダ)外科を修め、痘瘡(とうそう)の流行に際してその治療で名を挙げた。著「痘科弁要」「痘診戒草」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いけだずいせん【池田瑞仙】

1734~1816) 江戸中・後期の医師。周防岩国の人。名は独美。痘科を家学とし、天然痘の流行の時、京・大坂に迎えられ、のち幕府医学館で痘科を講じた。著「痘科弁要」「痘疹戒草」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

池田瑞仙の関連キーワード5月22日橋本伯寿天然痘家学池田

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android