痘科(読み)とうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痘科
とうか

昔,痘瘡 (天然痘) の治療を専門に行なった医療科名。日本では明の僧医戴曼公が長崎で行なったのが最初で,これを周防の人池田正直に伝え,寛政 10 (1798) 年江戸幕府はその医学館に正直の孫,池田瑞仙を教授として招き,正式に専門科を創設した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android