池田独美(読み)いけだ どくび

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田独美 いけだ-どくび

1735-1816 江戸時代中期-後期の医師。
享保(きょうほう)20年5月22日生まれ。曾祖父の池田正直以来家学とする科学をまなぶ。安芸(あき)(広島県)厳島(いつくしま)での痘病治療で名をあげ,大坂,京都で開業する。寛政9年幕府の医官となり,翌年医学館教授。文化13年9月6日死去。82歳。周防(すおう)(山口県)出身。字(あざな)は善卿。通称は瑞仙(ずいせん)(初代)。号は錦橋(きんきょう)。著作に「痘科弁要」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android