池田霧渓(読み)いけだ むけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田霧渓 いけだ-むけい

1784-1857 江戸時代後期の医師。
天明4年生まれ。江戸の池田独美に入門,その養子となる。痘瘡(とうそう)(天然痘)の治療術を発展させる。養父の死後,幕府の医官をつぎ,医学館教授,内直医をつとめた。安政4年8月18日死去。74歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。本姓村岡。名は晋。字(あざな)は柔行。通称は直郷,瑞仙(ずいせん)(2代)。著作に「治痘要訣」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android