池田菊苗博士抽出の第一号具留多味酸(読み)いけだきくなえはかせちゅうしゅつのだいいちごうぐるたみさん

事典 日本の地域遺産の解説

(東京都港区高輪3-13-65 味の素グループ高輪研修センター2階「食とくらしの小さな博物館」)
重要科学技術史資料(未来技術遺産)」指定の地域遺産〔第00026号〕。
昆布のうま味成分の研究から、この本体がグルタミン酸ナトリウムであることを発見。〈製作者(社)〉池田菊苗博士。〈製作年〉1908(明治41)年

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android