コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田酒 イケダザケ

2件 の用語解説(池田酒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いけだ‐ざけ【池田酒】

江戸時代に、摂津の池田でつくられていた日本酒。伊丹酒(いたみざけ)と並んで品質のよいことで知られた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いけだざけ【池田酒】

池田で醸造される酒。辛口で江戸時代伊丹いたみ酒と並んで最上等の酒とされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の池田酒の言及

【池田[市]】より

…一方,日用・糸引なども商工業者戸数の26%いた。しかし公認の馬借所も1682年(天和2)困窮のため商札を返上し,運送は猪名川舟運にたより川沿いの新町が発展するが,猪名川は水量変動が激しく不便で,海上交通の便もよく品質改良した灘酒に池田酒は圧迫された。池田炭も生産地から大坂へ直接販売されるようになる。…

【清酒】より

… 地方の酒として,15世紀では摂津の西宮・住吉,和泉の堺,大津の坂本,加賀の宮腰,筑前の博多,16世紀では伊豆の江川,備前の児島,備後の尾道の酒が有名であった。1614年(慶長19)徳川家康は摂津池田郷に朱印状を与え,幕府と九条関白家の保護のもとに,池田酒の興隆が始まった。寛永年間(1624‐44)池田の満願寺屋は江戸への酒の輸送を馬より船に改善した。…

※「池田酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池田酒の関連キーワード樽廻船池田宗旦心字池津の国中浜池田教正伊丹宗味霞晴山包次金清

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池田酒の関連情報