良質(読み)りょうしつ

精選版 日本国語大辞典「良質」の解説

りょう‐しつ リャウ‥【良質】

〘名〙 (形動) 品質や性質がすぐれていること。また、そのさま。〔音訓新聞字引(1876)〕
※シベリヤ物語(1950‐54)〈長谷川四郎〉馬の微笑「絶えず良質の粘土を満遍なく供給して」 〔嵆康‐琴賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「良質」の解説

りょう‐しつ〔リヤウ‐〕【良質】

[名・形動]質がすぐれていること。また、そのさま。「良質な(の)素材」⇔悪質
[類語]上等上質良い優良佳良純良良好見事立派上上上乗結構優れる秀でる偉い優等優秀秀逸錚錚そうそう一廉ひとかど長ずるける粒揃い有数粒選り選抜簡抜抜粋精選厳選特選選り抜き一粒選り選り抜く白羽の矢が立つ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「良質」の解説

【良質】りようしつ

善良な性質。

字通「良」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android