コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汽車馬陸 キシャヤスデ

デジタル大辞泉の解説

きしゃ‐やすで【汽車馬陸】

ババヤスデ科のヤスデ。体長約3.5センチ。肌色から朱色の地に褐色横縞がある。日本特産で、長野県を中心に分布し、特に八ヶ岳山麓で周期的に大発生し、小海線の線路上にはい出して列車の進行を妨げることがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android