コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小海線 こうみせん

6件 の用語解説(小海線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小海線
こうみせん

山梨県北西部の小淵沢と長野県東部の小諸を結ぶ鉄道。 JR東日本。全長 78.9km。信越本線中央本線を結ぶ。長野・山梨県境付近の野辺山高原に日本の鉄道の最高地点 (1375m) があり,野辺山駅は最も標高の高い駅 (1345.67m) として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうみせん【小海線】

JR中央本線の小淵沢(こぶちざわ)から小海を経て、しなの鉄道小諸(こもろ)に至るJR線。昭和10年(1935)全通。日本の鉄道の最高地点(標高1375メートル)である八ヶ岳東麓を走り、野辺山(のべやま)駅はJRで最も標高の高い駅として知られる。全長78.9キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小海線【こうみせん】

小淵沢〜小諸(こもろ)間のJR線。営業キロ78.9km。1919年全通の佐久鉄道小諸〜小海間を1934年国有化,1935年小海から中央本線小淵沢間も全通。小海〜小淵沢間は八ヶ岳山麓をめぐる。
→関連項目野辺山[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

小海線

JR東日本が運行する鉄道路線。山梨県北杜市の小淵沢駅から長野県小諸市の小諸駅を結ぶ。愛称は「八ヶ岳高原線」。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうみせん【小海線】

中央本線小淵沢駅を起点に,八ヶ岳山麓を千曲川上流にそって北上,しなの鉄道(旧信越本線)小諸駅に至る営業キロ78.9kmのJR東日本の営業線。小諸~小海間を1934年佐久鉄道から買収し,小海~小淵沢間は政府が建設した。まず小海~佐久海ノ口間が1932年小海線として開通,一方,小淵沢側からは小淵沢~清里間が翌年開通した。その後順次延長し,小淵沢~小諸間の全通は35年である。沿線は酪農,高原野菜育成等が盛んで,近年は冷涼な八ヶ岳山麓に別荘地が造成され,夏の観光客も増えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小海線
こうみせん

長野県東部および山梨県北西部を走る東日本旅客鉄道の線路名称。小淵沢(こぶちざわ)―小諸(こもろ)間78.9キロメートル、全線単線、非電化。八ヶ岳(やつがたけ)東麓(とうろく)や佐久盆地、千曲(ちくま)川上流域を経由して、JR中央本線としなの鉄道線(旧JR信越本線)を結ぶ。長野・山梨県境付近の野辺山(のべやま)高原にJR最高地点(1375メートル)があり、野辺山駅はJRでもっとも標高の高い駅(1345.67メートル)として知られる。小諸―小海間は佐久鉄道によって1915~1919年(大正4~8)開業、1934年(昭和9)国有化。小海―信濃川上(しなのかわかみ)間を小海北線、小淵沢―清里間を小海南線としてそれぞれ建設を進め、1932~1935年開業。1935年清里―信濃川上間を延伸したのに伴い、全線を小海線と改称した。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。愛称は八ヶ岳高原線。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小海線の言及

【山梨[県]】より

…南アルプス,八ヶ岳も3000m級の高峰をもち,登山愛好者のメッカとなっている。また八ヶ岳南東麓の清里高原は戦後に発展した新しい観光地で,野辺山(のべやま)(1346m),清里(1274m)などJR線最高所の駅を走る小海線とともに若い人々に人気がある。 温泉も豊富で,峡南地方の下部(しもべ)温泉や峡北の金峰山山麓にあってラジウム含有量の高いことで名高い増富温泉をはじめ,甲府市近郊の湯村温泉,1961年に温泉が湧出して以来急速に発展して一大温泉郷となった石和(いさわ)温泉などがある。…

※「小海線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小海線の関連キーワード篠ノ井線八ヶ岳・八ヶ嶽中央線八ヶ岳高原線小淵沢[町]富士見[町]小淵沢〈町〉山梨県北杜市小淵沢町山梨県北杜市小淵沢町上笹尾山梨県北杜市小淵沢町松向

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小海線の関連情報