コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肌色 はだいろ

色名がわかる辞典の解説

はだいろ【肌色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「うすい黄赤」としている。一般に、平均的な日本人の皮膚の色を美化したイメージの色をさす。わずかにみを帯びた。ただし「平均」とは「多数」を意味し、少数の異なる肌の色をもつ日本人の心情を思いやり、色名として使用しない方が好ましいとの意見もある。7世紀ごろは肉の色を表す宍しし色と呼ばれていた。いつごろから肌色という色名が登場したかはわかっていない。英名はフレッシュ(flesh)、またはフレッシュピンクで白人の肌の色をイメージしている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はだ‐いろ【肌色/膚色】

肌の色。肌の色つや。
黄色人種の肌に似た色。やや赤みを帯びた淡黄色。
器物・刀剣などの地肌の色。
[補説]2について、以前はクレヨンなど画材色名として使われた。現在では人種問題への配慮からほとんど使われず、同色を薄橙(うすだいだい)・ペールオレンジなどと言い換えることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はだいろ【肌色】

人の肌のような色。やや赤みを帯びた薄い黄色。
器物の地肌の色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肌色の関連キーワードcolour foundationナチュラル・メイキャップニンギョウタケ(人形茸)シースルーファッションベニヒモイソギンチャクヤドカリイソギンチャククロガネイソギンチャクやわらかタフグリップマキエハギ(蒔絵萩)コントロールカラーヘアスタイリングアンボン[島]タイワンザルティント乳液コアホウドリホイッスラーその他の母斑ストッキングキリノミタケヌードカラー

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肌色の関連情報