コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肌色 はだいろ

色名がわかる辞典の解説

はだいろ【肌色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「うすい黄赤」としている。一般に、平均的な日本人の皮膚の色を美化したイメージの色をさす。わずかにみを帯びた黄色。ただし「平均」とは「多数」を意味し、少数の異なる肌の色をもつ日本人の心情を思いやり、色名として使用しない方が好ましいとの意見もある。7世紀ごろは肉の色を表す宍しし色と呼ばれていた。いつごろから肌色という色名が登場したかはわかっていない。英名はフレッシュ(flesh)、またはフレッシュピンクで白人の肌の色をイメージしている。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はだ‐いろ【肌色/膚色】

肌の色。肌の色つや。
黄色人種の肌に似た色。やや赤みを帯びた淡黄色。
器物・刀剣などの地肌の色。
[補説]2について、以前はクレヨンなど画材の色名として使われた。現在では人種問題への配慮からほとんど使われず、同色を薄橙(うすだいだい)・ペールオレンジなどと言い換えることが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はだいろ【肌色】

人の肌のような色。やや赤みを帯びた薄い黄色。
器物の地肌の色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

肌色の関連キーワード環境JIS学校用家具JIS漢字水準旧JISJIS X0221新JIS地金(金属材料)洗濯表示文字集合文字コード

肌色の関連情報