コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大発生 だいはっせい

2件 の用語解説(大発生の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大発生【だいはっせい】

生物,一般には動物が急激に増殖して個体数が著しく増大すること。トノサマバッタ飛蝗(ひこう)),ウンカニカメイガアメリカシロヒトリイチモンジセセリヒトデなど下等なものに多いが,レミング,ノウサギなど哺乳(ほにゅう)類でもみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいはっせい【大発生 outbreak】

ある生物とくに動物が通常に比べ急に大幅な個体数の増加を引き起こす現象を指す。異常発生とも呼ばれる。大発生には大きく分けて二つの型があり,一つは一世代だけで急激な個体数増加を示すもので突発的大発生sudden outbreakと呼ばれる。もう一つは数世代かけて高密度に至るもので漸進的大発生gradationと呼ばれる。後者の大発生は農作物や森林の病害昆虫によく見られ,しばしば破滅的な大被害をもたらすことがあり,農林学上深刻な問題となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大発生の関連キーワード単細胞生物激安無菌化学合成無機栄養生物化学合成有機栄養生物好気生物生態学的研究通常飼育動物

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大発生の関連情報