沢井穿石(読み)さわい せんせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢井穿石 さわい-せんせき

?-1779 江戸時代中期の書家。
大坂の人。関山恭庵にまなぶ。のち佐々木志頭磨(しずま)を称した。安永8年1月20日死去。名は居敬。字(あざな)は史頭。通称は十蔵。別号に松竹堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる