後桃園天皇(読み)ごももぞのてんのう

  • 1758―1779
  • ごももぞのてんのう ‥テンワウ
  • ごももぞのてんのう〔テンワウ〕
  • 後桃園天皇 (ごももぞのてんのう)
  • 後桃園天皇 ごももぞのてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]宝暦8(1758).7.2. 京都
[没]安永8(1779).10.29. 京都
第 118代の天皇 (在位 1771~79) 。名は英仁,幼称は若宮桃園天皇の第1皇子。母は尊称皇太后恭礼門院藤原富子。宝暦 12 (62) 年父桃園天皇崩御後践祚すべきところが,幼少のため伯母智子内親王が践祚して,後桜町天皇となったので,そのを継いで,明和8 (71) 年即位。日記8冊がある。陵墓は京都市東山区今熊野泉山町の月輪陵

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1758-1779 江戸時代中期,第118代天皇。在位1771*-79。
宝暦8年7月2日生まれ。桃園天皇の第1皇子。母は藤原富子(恭礼門院)。伯母の後桜町天皇の譲位をうけて13歳で即位。幕府は10代将軍徳川家治(いえはる)の時代。在位10年皇嗣をきめないまま,安永8年10月29日死去。22歳。墓所は月輪陵(つきのわのみささぎ)(京都市東山区)。幼称は若宮。諱(いみな)は英仁(ひでひと)。日記に「後桃園院宸記(しんき)」。
【格言など】のどかなる春を迎へてさまざまの道栄えゆく御代ぞにぎはふ(内裏和歌御会)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:安永8.10.29(1779.12.6)
生年:宝暦8.7.2(1758.8.5)
江戸後期の天皇。明和7(1770)~安永8(1779)年在位。桃園天皇第1皇子,若宮。母は一条兼香の娘富子(恭礼門院)。諱は英仁。宝暦9(1759)年儲君,同年5月親王宣下,明和5年立太子,同7年11月24日践祚,翌年4月即位。在位期には朝廷内の口向諸役人による不正処罰事件が起こり,宝暦事件以来の朝廷統制弛緩に対する幕府の圧力が強化された。生来病弱であったが好学で,在位中の日記『後桃園院宸記』(東山御文庫),禁中儀式書『年中さかつきの次第』がある。22歳で死去。陵墓は京都泉涌寺内の月輪陵。<参考文献>高埜利彦「後期幕藩制と天皇」(『講座前近代の天皇』2巻)

(母利美和)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇統譜に第118代とされる天皇(在位1770~79)。名は英仁(ひでひと)。桃園天皇の第1皇子。母は恭礼門院富子。宝暦(ほうれき)8年7月2日誕生。1759年(宝暦9)5月立太子、62年父帝没後、幼年のため伯母の後桜町(ごさくらまち)天皇が中継ぎとして在位して、70年(明和7)11月に禅を受け翌年4月14歳で即位した。安永(あんえい)8年11月19日に22歳で没した。京都市東山区の月輪陵に葬る。日記『後桃園天皇宸記(しんき)』8冊、和歌『後桃園院御点(ごてん)』1冊がある。

[山田忠雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1758年7月2日
江戸時代中期の第118代の天皇
1779年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

第一一八代天皇。桃園天皇の皇子。母は恭礼門院富子。幼称、若宮。名は英仁(ひでひと)。明和七年(一七七〇)践祚(せんそ)し、翌年即位。在位一〇年。日記八冊が残る。宝暦八~安永八年(一七五八‐七九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後桃園天皇の関連情報