沢村 宗之助(初代)(読み)サワムラ ソウノスケ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

沢村 宗之助(初代)
サワムラ ソウノスケ


職業
歌舞伎俳優

生年月日
明治19年

出身地
東京浅草馬道

経歴
明治22年8月沢村宗之助を名乗り東京吾妻座「ひらがな盛衰記」に子役として初舞台。子供芝居で修業し名をあげる。34年9月名題に昇進し、この頃から新劇にも参加するようになり36年東京座でシェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」を英語で演じ好評を博した。42年頃自由劇場運動に参加したが、再び歌舞伎界に戻り44年幹部俳優となる。大正13年4月大国座「壺坂」出演中に倒れ、お里の扮装のまま死した。

没年月日
大正13年 (1924年)

家族
父=沢村 訥子(7代目)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

沢村 宗之助(初代) (さわむら そうのすけ)

生年月日:1886年3月9日
明治時代;大正時代の歌舞伎役者
1924年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android