ひらがな盛衰記(読み)ひらがなせいすいき

百科事典マイペディア「ひらがな盛衰記」の解説

ひらがな盛衰記【ひらがなせいすいき】

浄瑠璃,また,これに基づく歌舞伎劇。文耕堂,三好松洛ら作。1739年初演。外題は《源平盛衰記》を平俗にした。義経の木曾義仲討伐から一ノ谷合戦までを背景に,樋口次郎の忠節と梶原源太千鳥の恋愛を中心に描く。源太の母延寿の情愛を描いた2段目〈源太勘当〉がよく上演されるが,義仲の勇臣樋口次郎が船頭に身をやつして義経への報復をはかる3段目〈逆艪(さかろ)〉の場が最も有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「ひらがな盛衰記」の解説

ひらがな盛衰記
ひらがな せいすいき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
松田文耕堂 ほか
補作者
瀬川如皐(2代) ほか
初演
元文4.5(京・水木辰之助座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android