コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢松奈生子 さわまつ なおこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢松奈生子 さわまつ-なおこ

1973- 昭和後期-平成時代のテニス選手。
昭和48年3月23日生まれ。沢松和子の姪(めい)。昭和63年15歳で全日本チャンピオン。平成3年プロに転向。ストロークを武器に,ウィンブルドンに9年連続出場するなどグランドスラム大会に34回出場。7年全豪オープンでベスト8。伊達公子(きみこ)とともに日本の女子テニスをリードした。世界ランキング自己最高は14位。10年引退。兵庫県出身。松蔭女子学院大卒。本名は丹羽奈生子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

沢松奈生子の関連キーワード秋山清神代辰巳沢渡朔ポセイドン船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ加藤泰新藤兼人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沢松奈生子の関連情報