沢瀉 久孝(読み)オモダカ ヒサタカ

20世紀日本人名事典の解説

沢瀉 久孝
オモダカ ヒサタカ

大正・昭和期の国文学者 京都帝大名誉教授。



生年
明治23(1890)年7月12日

没年
昭和43(1968)年10月14日

出生地
三重県宇治山田市(現・伊勢市)

学歴〔年〕
京都帝国大学〔大正4年〕卒

学位〔年〕
文学博士

経歴
大正11年京都帝国大学助教授、昭和11年教授、図書館長を歴任。26年退官し、名誉教授。万葉集研究で知られ、万葉学会会長として雑誌「万葉」を主宰。また「万葉集大成」の編集執筆にも当った。主な著書に「万葉集注釈」「万葉の作品と時代」「万葉歌人の誕生」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

沢瀉 久孝 (おもだか ひさたか)

生年月日:1890年7月12日
大正時代;昭和時代の国文学者。京都帝国大学教授;万葉学会会長
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android