コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢簡徳 さわ かんとく

1件 の用語解説(沢簡徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢簡徳 さわ-かんとく

1830-1903 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政13年9月5日生まれ。幕臣。講武所頭取,目付をへて文久3年(1863)外国奉行となる。維新後,刑法官判事試補,若松県令などをつとめ,明治24年貴族院議員。明治36年10月12日死去。74歳。名は幸良。通称は勘七郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

沢簡徳の関連キーワード民衆を導く自由の女神科学史プラット修正ロシア映画シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone