河内七郎右衛門(読み)かわち しちろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河内七郎右衛門 かわち-しちろうえもん

?-1600 織豊時代の武将。
備前岡山城主宇喜多秀家の臣。慶長5年関ケ原の戦いで,当時東軍方の福島正則に属していた大野治長らとたたかって戦死した。名は友清。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android