コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河内山寅 こうちやま とら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河内山寅 こうちやま-とら

1855-1930 明治-大正時代の教育者。
安政2年8月26日生まれ。信濃(しなの)(長野県)上田藩士河内山長善の長女。明治10年から上田街学校,上田小学校などで42年間教員をつとめる。この間,上田婦人談話会をひらいて婦人運動をすすめ,子守教育所を設立し社会教育にもつくした。昭和5年8月13日死去。76歳。長野師範(現信州大)卒。
【格言など】憂き事の猶此の上に積れかし限りある身の力ためさん(座右銘)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河内山寅の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ