コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原あさ子 かわはら あさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原あさ子 かわはら-あさこ

?-? 幕末-明治時代の女性。
陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士河原善左衛門の妻。慶応4年(1868)会津戦争で新政府軍が若松城にせまったとき,城下で自害した義母きく子の介錯(かいしゃく)をつとめ,娘くに子をきったのち城にはいる。夫と長男勝太郎は討ち死に。開城後は次男勝治を養育した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河原あさ子の関連キーワード明治時代陸奥

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android