介錯(読み)かいしゃく

デジタル大辞泉の解説

かい‐しゃく【介錯】

[名](スル)
切腹する人のそばに付き添っていて、その人が刀を腹に突き刺すと同時に、その首を斬って死を助けてやること。また、その人。
付き添って世話をすること。また、その人。後見。介添え。
「この女房―して、やや久しう浴(あ)み、髪洗ひなどしてあがり給ひぬ」〈平家・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいしゃく【介錯】

( 名 ) スル
そばについていて世話をすること。また、その人。後見。 「御-の女房達をも参らせず/平家 6
切腹をする人のそばにいて、その首を斬ること。また、その人。 「 -人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

介錯
かいしゃく

世話をする、抱すること。またその人をさす。とくに切腹(せっぷく)する人のそばにつき、首を切ること。またその人。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐しゃく【介錯】

〘名〙
① 付き添って世話すること。介抱すること。手助けすること。また、その人。付き添い。かいぞえ。
※吾妻鏡‐文治四年(1188)七月四日「信濃守遠光鍾愛息女郎初参営中、可若公御介惜之由、被定仰云々」
② 切腹の時、そばに付き添っていて首を切り落とすこと。また、その役の人。
※鎌倉大草紙(16C中か)「直時も主の介してつづいて腹を切にけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

介錯の関連情報