コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介錯 かいしゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

介錯
かいしゃく

切腹をする人の後方にいて,首を切ること。またはそのあと始末をする人。江戸時代のならわし。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐しゃく【介錯】

[名](スル)
切腹する人のそばに付き添っていて、その人が刀を腹に突き刺すと同時に、その首を斬って死を助けてやること。また、その人。
付き添って世話をすること。また、その人。後見。介添え。
「この女房―して、やや久しう浴(あ)み、髪洗ひなどしてあがり給ひぬ」〈平家・一〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいしゃく【介錯】

( 名 ) スル
そばについていて世話をすること。また、その人。後見。 「御-の女房達をも参らせず/平家 6
切腹をする人のそばにいて、その首を斬ること。また、その人。 「 -人」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

介錯
かいしゃく

世話をする、介抱すること。またその人をさす。とくに切腹(せっぷく)する人のそばにつき、首を切ること。またその人。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

介錯の関連情報