コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若松城 わかまつじょう

4件 の用語解説(若松城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

わかまつじょう【若松城】

福島県会津若松市にある梯郭式の平山城(ひらやまじろ)。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。南北朝時代の1384年(至徳1/元中1)に蘆名氏第7代の直盛が小田垣の館あるいは東黒川館という居館を建設したのが若松城の起源とされている。その後、15世紀半ばごろまでに蘆名氏の黒川城とその城下ができあがっていた。その後、黒川城は蘆名氏の本拠となり、第16代の蘆名盛氏が広大な版図を築いた。蘆名氏と戦いを繰り返した米沢城の伊達政宗(まさむね)は1589年(天正17)、蘆名義広を攻めて蘆名氏を滅ぼし、黒川城を手中に収めて同城に本拠を移したが、1590年(天正18)に臣従した豊臣秀吉により会津の旧蘆名領を召し上げられた。伊達氏に代わって黒川城に入城した蒲生氏郷(がもううじさと)は近世城郭への改修と城下町の整備を行った。1593年(文禄2)には七重(五重ともいわれる)の天守が完成している。このとき、黒川城は鶴ヶ城と改名されている。1598年(慶長3)、氏郷の子の秀行が家中騒動により、下野国宇都宮に移封されると越後の上杉景勝が120万石で会津に国替えとなったが、景勝は1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いで西軍に荷担したことから米沢30万石に減封となった。その後、会津には加藤嘉明、次いで第3代将軍徳川家光の庶弟の保科正之が入封した。保科氏はのちに松平氏と改名し、鶴ヶ城は明治維新まで会津松平氏の居城となった。戊辰戦争では会津戦争が勃発し、板垣退助らが攻城戦を行ったが、会津勢の立てこもる若松城は約1ヵ月間持ちこたえ、1868年(明治1)9月に開城にいたった。新政府軍の手に渡った城は翌年兵部省の管轄となり、本丸内には若松県庁が置かれ、1873年(明治6)までには天守閣を含むすべての建物が解体されている。ただし、本丸大書院の表玄関と御三階は市内阿弥陀寺に移築された。1908年(明治41)、陸軍の練兵場の建設に伴い、三の丸の一部とその濠や土塁約6万m2が撤去されたが、本丸、二の丸、三の丸の一部など現在史跡に指定されている部分は残された。戦後、旧本丸内に一時期競輪場などが設置されていたこともあるが、1960年(昭和35)に現在の状態に復元され、1965年(昭和40)には天守がコンクリート造により外観復元された。その内部は若松城天守閣郷土博物館になっている。1990年(平成2)には、かつて本丸にあった茶室の麟閣が元の場所に移築復元され、2001年(平成13)には本丸内の干飯櫓(ほしいやぐら)と南走長屋が復元された。JR磐越西線会津若松駅からバスで鶴ヶ城北口下車。◇会津若松城とも通称されるが、正式な名称は若松城。鶴ヶ城とも呼ばれる江戸時代以前は黒川城、あるいは会津城と呼ばれていた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わかまつ‐じょう〔‐ジヤウ〕【若松城】

会津城の別称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わかまつじょう【若松城】

福島県会津若松市にある城。中世蘆名氏が築き、1589年伊達氏の所有となる。92年蒲生氏郷が入り、翌年にかけて拡張。のち上杉氏・蒲生氏・加藤氏・保科(松平)氏が入り明治に至る。戊辰ぼしん戦争では旧幕軍の拠点となった。石垣・堀が残り天守が復元された。鶴ヶ城。会津城。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若松城
わかまつじょう

南北朝期~江戸期の城。福島県会津若松市追手(おうて)町にあり、普通、会津若松城とよばれ、鶴ヶ城(つるがじょう)、黒川城の別称がある。城は会津盆地の南東麓(ろく)に位置し、湯川扇状地の地形を巧みに利用して築かれている。城の歴史は古く、南北朝期、蘆名直盛(あしなただもり)が1384年(元中1・至徳1)にこの地に黒川城を築いたのが始まりである。以来、14代にわたる蘆名氏の本拠とされたが、1589年(天正17)城主蘆名義広(よしひろ)が伊達政宗(だてまさむね)に滅ぼされ、かわって政宗が入城した。しかし、政宗も翌年豊臣(とよとみ)秀吉による奥州征伐でこの地を去り、かわって蒲生氏郷(がもううじさと)が1592年(文禄1)に大改修をし、7層の天守閣、本丸、帯曲輪(おびくるわ)を内堀で囲み、東に二の丸、三の丸を出し、高い城壁と深い堀を巡らした。そして名も若松と改めた。その後、上杉景勝(かげかつ)、蒲生氏2代、加藤氏2代とかわり、1643年(寛永20)からは保科(ほしな)氏が入り、保科氏は松平に改姓し幕末に至った。1868年(明治1)の戊辰(ぼしん)戦争のとき政府軍に抗戦したが降伏開城した。このときの白虎隊(びゃっこたい)の悲劇は有名。1965年(昭和40)天守閣が復原された。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若松城の関連キーワード会津若松市東山温泉会津大学会津城会津富士会津若松御薬園会津若松[市]芦ノ牧[温泉]会津さざえ堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若松城の関連情報