コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河東[町] かわひがし

2件 の用語解説(河東[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

河東[町]【かわひがし】

福島県,会津盆地東部にある河沼(かわぬま)郡の旧町。会津米の産地。日橋(にっぱし)川の水力発電を利用して工業地帯が形成された。磐越西(ばんえつさい)線,磐越自動車道が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かわひがし【河東[町]】

福島県北西部,河沼郡の町。人口9773(1995)。会津盆地東部に位置し,北は日橋(につぱし)川を境に耶麻郡,南は金山川を隔てて会津若松市に接する。東部は猪苗代湖をとりまく翁島丘陵からなる。郡山方面から会津盆地への入口にあたり,中心の広田は1899年岩越鉄道(現,磐越西線)の開通に伴い発展した。1911年日橋川発電所の建設により,余剰電力を利用した会津地方最初の近代工場として日本化学会津工場(現,昭和電工東長原工場)が立地し,大正期には東京電力猪苗代第1~第3発電所が建設され,電力立地型の工業地帯が形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河東[町]の関連キーワード会津福島荒尾喜多方境港那須勝常寺会津柳津蘆名盛久福満

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone