コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河西清義 かさい せいぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河西清義 かさい-せいぎ

?-? 江戸後期-明治時代の和算家。
天元術(代数学)をまなび,のち江戸で長谷川寛(ひろし)に師事。郷里の信濃(しなの)(長野県)諏訪にかえり,天三学校をひらいた。安政4年(1857)「算法日新録」をあらわす。字(あざな)は路公。通称は富右衛門。号は旭湖。著作はほかに「算法早割旭の雪」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河西清義の関連キーワード明治時代和算家天元術

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android