コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野官房長官談話

1件 の用語解説(河野官房長官談話の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

河野官房長官談話

韓国人の元従軍慰安婦らが91年末に日本政府に補償を求めて提訴したのを受け、宮沢内閣が事実関係確認のために調査を開始。その結果を踏まえ、93年8月に河野洋平官房長官(現衆院議長)が談話を発表した。談話では慰安所の設置や管理、慰安婦の移送に対する軍の関与を認定し、従軍慰安婦への「おわびと反省の気持ち」を表明した。慰安婦に対する「強制性」については、「慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった」と表現している。

(2007-03-04 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河野官房長官談話の関連キーワード強制労働従軍慰安婦問題戦後補償アジア女性基金アメリカ下院の「慰安婦」決議慰安婦村山首相談話・河野官房長官談話女子勤労挺身隊フィリピンと日本の戦後千田夏光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河野官房長官談話の関連情報