コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野界浦 こうの かいほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野界浦 こうの-かいほ

?-? 江戸時代前期-中期の儒者。
和泉(いずみ)(大阪府)の人。僧侶だったが還俗(げんぞく)。音韻学にくわしく,享保(きょうほう)11年(1726)「韻鏡」に標註をくわえた「韻鑑古義標註」を刊行した。名は清通,通清。字(あざな)は伯水。通称は斎宮別号に漣窩,連窩。法名は叡竜。著作はほかに「韻図解」「韻学津梁(いんがくしんりょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河野界浦の関連キーワード河野通清(2)儒者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android