コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韻鏡 いんきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韻鏡
いんきょう

中国の韻図。作者,成立年代未詳。張麟之 (ちょうりんし) の序文のついた 1161,97,1203年の各版があったが,その後中国では失われてしまい,鎌倉時代初期に伝わった日本で,中国音韻学研究に利用された。切韻系韻書の小韻代表字を 43枚の転図に配列し,その音韻組織を図解したもの。声母を唇,舌,牙,歯,喉,半舌,半歯の7音に大別し,さらに (全) 清,次清,(全) 濁,清濁 (次濁) に分ける。一方,韻母を平・上・去・入の四声で大別し,それぞれを1等から4等まで細分し,縦横図式による整然たる配列を示している。従来,『切韻』の体系と同一視して,中古音の研究に利用する傾向が強かったが,両者の間には時代差に基づく差異が多少あることがわかり,批判的に利用されるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんきょう【韻鏡 Yùn jìng】

中国の等韻図の一種。著者不明。全体が43転に分けられる点,平声上声去声の3声と入声との対応,転図内部の字母配列の順序など,すべて宋の鄭樵《通志略》に含まれる《七音略》と同じである。明らかに同一の系統のものだが,‐mに終わる音節をあつかった転図のうち,咸摂に属するものを深摂に属するものから離して,宕摂をあつかう転図の直前におく《七音略》と,深摂・咸摂双方を全書の終りに近く曾摂の直前に置く《韻鏡》とでは,前者のほうが《切韻》原本における咸摂所属の一部の韻の配列位置を意識している順序と考えられる点,この種の韻図のより古い形をうけるものであるかもしれない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いんきょう【韻鏡】

中国の韻図。作者不明。唐末・五代頃の成立といわれる。漢字の音は一音節からなるが、その音を、声母(初頭子音)の差異を横軸に、韻母(母音・末尾子音・声調など)の差異を縦軸にとった四三の図表で説明したもの。切韻系韻書が反映する隋唐時代の音韻体系を研究するための基本資料。わが国には鎌倉時代初期に伝来。中国では早く亡失し、現在ではわが国にのみ伝存する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韻鏡
いんきょう

中国の韻図。作者不明、唐末・五代の作と推測される。中国語では、漢字の音は1音節からなるが、その音節を初頭子音である声母(せいぼ)と、それを除く残りの部分である韻母(いんぼ)(母音、音節末尾子音、声調などからなる)とに分け、横軸に声母の相違をとり、縦軸に韻母の相違をとって構成した図表(転図という)の中に、『広韻』など切韻系韻書に含まれる約3700の音節(小韻)を代表する漢字を配置して、切韻系韻書が反映する隋(ずい)・唐時代の複雑な発音組織を、あたかも鏡に映すように簡単明瞭(めいりょう)に図示しようとしたのが『韻鏡』である。古代インド音韻学の影響があるといわれ、日本語の五十音図と同様の構成原理をもつが、中国語は音節数が多いため、43枚の転図を必要とした。現存の『韻鏡』は南宋(なんそう)の張麟之(ちょうりんし)が解説をつけて刊行したテキストに由来するが、中国では早くに失われ、日本にのみ伝存して、漢字の読音を定める根拠とされ、江戸時代を中心に盛んに研究や注釈が行われた。現在では隋・唐音研究の基本資料として日本、中国を問わず重要視されている。[平山久雄]
『馬淵和夫著『韻鏡校本と広韻索引』新訂版(1969・巌南堂書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の韻鏡の言及

【韻図】より

…一般に韻図と等韻図は通じて用いられるが,一方で韻母を開口呼〈介母ゼロ〉,合口呼〈介母‐u‐〉,斉歯呼〈介母‐i‐〉,撮口呼〈介母‐iu‐〉の4呼の別によって区分する韻図などもあるから,厳密にいえば全同でなく,等韻図は韻図の一種ということになる。現存最古の韻図は,唐末五代の作とされる,等韻図の《韻鏡》である。韻図の出現は,韻母部分を中心とした音韻体系の把握がさらに声母部分の観察,分析へと進んだことを意味する。…

※「韻鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

韻鏡の関連キーワード字音かなづかい字音仮字用格字音仮名遣い大島 正健河野界浦漢呉音図岡本保孝村尾篁山新居守村小亀勤斎磨光韻鏡毛利貞斎仮名遣い大矢 透大島正健近藤西涯切韻考大矢透母音図表

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android