油脂焼夷弾(読み)ユシショウイダン

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆし‐しょういだん ‥セウイダン【油脂焼夷弾】

〘名〙 ベンゼン、パラフィン、セルロイドなどを主成分としたり、ゼリー状にしたガソリンを封入したりした焼夷弾。ナパーム弾など。
※暗い絵(1946)〈野間宏〉一「油脂焼夷弾の飛び火を浴びて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android