暗い絵(読み)くらいえ

デジタル大辞泉の解説

くらいえ〔くらいヱ〕【暗い絵】

野間宏の処女小説。昭和21年(1946)、文芸誌「黄蜂」に断続的に連載。翌年、同作を表題作とする作品集を刊行。左翼運動の弾圧が進む1930年代の暗い時代を背景に苦悩する学生たちの姿を描き、著者が戦後派作家として認められるきっかけとなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くらいえ【暗い絵】

野間宏(1915‐91)の中編小説。1946年《黄蜂》に断続的に連載。特にブリューゲルの絵をめぐる象徴詩風の長い冒頭や全体の文章の感覚,日本の近代文学の自然主義的性格と無縁な内容が,野間をこの一作で戦後文学の担い手とした。滝川事件(1933)後の思想弾圧と大陸侵略の進む時代,主人公深見進介は京大内の左翼運動に深い関心をもつ一方で,彼の抱く革命思想を恐れ離反せんとする恋人の肉体への強い恋着も断てないでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暗い絵
くらいえ

野間宏(ひろし)の短編小説。1946年(昭和21)4、8、10月号の『黄蜂(きばち)』に発表。翌年、真善美社の「アプレゲール・クレアトリス叢書(そうしょ)」第1回として刊行された。官憲の弾圧によって左翼革命運動がほとんど壊滅的状況にあった昭和10年代を背景とする。芸術に志す学生深見進介(しんすけ)は、軍国主義に対する絶望的な抵抗に命を賭(か)けていこうとする活動仲間の決意を「仕方のない正しさ」としながらも、自らはその正しさを真の正しさとするために自己保存と我執の臭(にお)いのする道を選択し、仲間たちと訣別(けつべつ)する。その後、仲間たちは次々と獄死する。戦時下の悲惨な青春をブリューゲルの絵を軸に描き、戦後の出発点を示した第一次戦後派の代表作。[紅野謙介]
『『暗い絵』(新潮文庫・旺文社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android