コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼夷弾 しょういだん incendiary bomb

7件 の用語解説(焼夷弾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焼夷弾
しょういだん
incendiary bomb

人馬を焼殺し,市街,森林,兵器などを焼き払うために焼夷剤を弾体に詰めた弾。火炎瓶(→モロトフ爆弾)も含まれる。ローマ人は,壺の中にピッチ,硫黄などを混ぜて入れ,敵船や砦に向かって投げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

焼夷弾

ゼリー状の油脂を充填(じゅうてん)した金属製の筒で、爆撃機が上空から投下し、着地と同時に油脂が飛び散って炎上する。市街地を焼き払うために開発され、木造家屋の密集地では一気に燃え広がった。県内の空襲では、火薬の爆発で人を殺傷したり施設を破壊したりする一般的な爆弾も使われた。だが投下弾数は焼夷弾圧倒的に多く、多数の犠牲者を生んだ。

(2015-04-29 朝日新聞 朝刊 横浜・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうい‐だん〔セウイ‐〕【焼×夷弾】

敵の建造物や陣地を焼くことを目的とした砲弾や爆弾。可燃性の高い焼夷剤と少量の炸薬(さくやく)を充填(じゅうてん)する。黄燐(おうりん)焼夷弾・油脂焼夷弾エレクトロン焼夷弾などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

焼夷弾【しょういだん】

家屋物資の焼失破壊や火炎による人員殺傷の目的で使用される砲弾・爆弾の総称。第2次大戦で連合国軍がドイツや日本の攻撃に有効に使用した。焼夷剤は油性,金属性および両者の混合物の3種があり,代表的なものはナパーム弾マグネシウムおよびテルミット焼夷弾など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょういだん【焼夷弾】

燃焼性の物質を装塡し,その燃焼により目標を破壊または無力化するための爆弾もしくは弾薬をいう。爆弾の場合,焼夷爆弾と呼ぶことも多い。弾薬爆弾【大沢 郁甫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょういだん【焼夷弾】

火炎や高熱によって人や建造物などを殺傷・破壊する爆弾・砲弾。テルミット・油脂などを焼夷剤とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焼夷弾
しょういだん

焼夷剤を弾体内に入れた弾丸類。爆弾、ロケット弾などのほか、砲弾や手榴(しゅりゅう)弾として目標を焼き、航空機用の機関砲弾も徹甲弾と混用して、着火させる目的に使用する。焼夷剤として黄燐(おうりん)、テルミット、油脂などを使い、黄燐はまた着火剤としても使われている。テルミットはマグネシウムまたはアルミニウム粉と酸化鉄との混合剤で、燃焼すると3000℃もの高温を発する。ナパーム弾も油脂焼夷弾の一種である。[青木謙知]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の焼夷弾の言及

【弾薬】より

…小火器弾薬は,拳銃,小銃,機関銃,散弾銃などに用いられ,通常,弾丸,発射薬,雷管付き黄銅製の薬莢(やつきよう)で一体化されている(図1)。実戦用としては,普通弾,徹甲弾,焼夷弾,曳光弾(えいこうだん),およびこれらを組み合わせた弾薬(たとえば曳光徹甲焼夷弾)があり,訓練用には,空包,擬製弾,狭窄弾(きようさくだん)などがある。このほか,口径20mm以上であるが擲弾(てきだん)を小火器弾薬に含めることがある。…

※「焼夷弾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

焼夷弾の関連キーワード火炎瓶物資動員計画人員店屋物榴弾メルツバウAMC火炎片麻岩寝屋川市立中央小の教職員殺傷事件寝屋川市立中央小教職員殺傷事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

焼夷弾の関連情報