治国平天下(読み)チコクヘイテンカ

大辞林 第三版の解説

ちこくへいてんか【治国平天下】

〔大学〕
国を治め天下を平和に保つこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちこく‐へいてんか【治国平天下】

〘名〙 国をおさめ天下を平らかにすること。
※談義本・当世穴穿(1769‐71)四「治国平天下(チコクヘイテンカ)より上の道は御ざらぬ」 〔大学章句‐十章〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android