コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治太夫節 ジダユウブシ

デジタル大辞泉の解説

じだゆう‐ぶし〔ヂダイフ‐〕【治夫節】

古浄瑠璃の一。山本土佐掾(角太夫)の弟子松本治太夫が語ったもの。延宝(1673~1681)から元禄(1688~1704)ころ、京都を中心に流行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じだゆうぶし【治太夫節】

古浄瑠璃の一。山本土佐掾(角太夫)の門人松本治太夫が貞享(1684~1688)頃語り出した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

治太夫節の関連キーワード都太夫一中(1世)京浄瑠璃一中節貞享

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android