コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本角太夫 ヤマモトカクタユウ

3件 の用語解説(山本角太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やまもと‐かくたゆう〔‐カクタイフ〕【山本角太夫】

[?~1700]江戸前期の古浄瑠璃の太夫。京都を中心に活躍。相模掾(さがみのじょう)を受領、のち土佐掾と改めた。角太夫節の祖で、説経節系の哀愁のある曲を得意とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本角太夫 やまもと-かくだゆう

?-1700 江戸時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
大坂から京都にうつり,一派をたてて角太夫節の祖となる。師系には諸説があり不詳。嘉太夫節宇治加賀掾(かがのじょう)と人気を二分した。人形にからくりをとりいれ,語り物うれい節に特徴があったという。延宝5年(1677)相模掾,のち土佐掾を受領(ずりょう)した。元禄(げんろく)13年死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本角太夫
やまもとかくたゆう
(?―1700)

京都の浄瑠璃(じょうるり)太夫で、角太夫節の祖。虎屋(とらや)源太夫らに浄瑠璃を学んだのち、1670年代(延宝年間)に京都四条河原で人形芝居を始める。からくりや糸操りを多用し、宇治加賀掾(かがのじょう)と人気を分かった。1677年(延宝5)に受領(ずりょう)して相模掾(さがみのじょう)藤原吉勝と称したが、85年(貞享2)土屋相模守(かみ)が京都所司代に就任したため、相模の呼称を遠慮して土佐掾(とさのじょう)藤原孝勝と改めた。『酒顛童子(しゅてんどうじ)』『しのだ妻』などの語り口は角太夫節の名でもてはやされた。なお門弟のなかから、松本治太夫や一中節(いっちゅうぶし)の祖都太夫(みやこだゆう)一中が輩出した。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山本角太夫の言及

【五大力菩薩】より

…薬師如来の安置をめぐる善臣悪臣の対立抗争に邪恋を絡ませたお家騒動ものの一つで,忠臣刑部とその妻子の別れを扱った愁嘆の場に説経らしい情念がある。山本角太夫に,同材の古浄瑠璃の正本がある。【岩崎 武夫】。…

【浄瑠璃】より

…これは上方にまだ特色ある太夫が現れず,過渡期的現象であった。大坂の出羽掾座で文弥節を学んだ山本角太夫(かくたゆう)(山本土佐掾)が,75年(延宝3)ころ京でうれい節を語った(語り物に《しのだづま》ほか)。その門下に松本治太夫がある。…

※「山本角太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山本角太夫の関連キーワード素浄瑠璃寄進浄瑠璃時代浄瑠璃世話浄瑠璃床浄瑠璃河内掾吉次小島佐平次薩摩長門四野宮弥四郎北条宮内

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone