コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼南[町] しょうなん

百科事典マイペディアの解説

沼南[町]【しょうなん】

千葉県北西部,東葛飾(ひがしかつしか)郡の旧町。手賀沼南岸の下総(しもうさ)台地上にあり,トマト,キュウリ,イチゴ,花卉(かき)を産し,ネギ,ナシの栽培も盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうなん【沼南[町]】

千葉県北西部,東葛飾郡の町。人口4万5130(1995)。手賀沼南岸に位置し,町域は手賀沼沿岸の低地下総台地からなる。米作や野菜栽培を中心とした純農村であったが,1960年代末に国道16号線が整備され,沿線に工業団地住宅団地がつくられた。住宅団地への入居が始まった70年代後半から人口が増加している。南西部を東武野田線が走るが,交通は柏市,松戸市へ通じるバス交通が主である。東京区部や周辺各市への通勤者がふえている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

沼南[町]の関連キーワード下総

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android