コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下総台地 しもうさだいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下総台地
しもうさだいち

千葉県の北半を占める洪積台地。面積 2345km2。台地の最高点は房総半島中部の土気 (千葉南東部) 付近で標高 96m。北西端の野田平では 15mで,南東から北西に向かってゆるく傾斜。砂を主とする海成層で表面は関東ローム層に覆われ,乾燥性が強い。台地面の大部分は原野,平地林で,樹枝状の浸食谷が入り込み,水田に利用されてきた。中世末から近世にかけて崖端の開発が進み,新田村が成立。平坦な台地面は,小金五牧,佐倉七牧の野馬放牧地として利用され,明治以後は習志野,下志津演習地など一部を軍用地に利用。第2次世界大戦後は麦類,サツマイモラッカセイなどを産し,全国有数の畑作卓越地として知られたが,近年は施設野菜の栽培,酪農が盛ん。巨大な住宅団地や内陸工業地,さらに新東京国際空港 (→成田国際空港 ) が建設されて変貌が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しもうさ‐だいち〔しもふさ‐〕【下総台地】

千葉県中部から北部にかけて広がる洪積台地。標高約30~40メートル。利根川をはさんで北側の常陸(ひたち)台地と合わせて常総台地とよばれる。台地西部は江戸川をはさんで東京都と接しているため、都市化が進んでいる。台地中央には成田国際空港がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

下総台地【しもうさだいち】

千葉県北部の洪積台地。常総台地南半部をなし,両総台地ともいう。おもに砂層からなり,表面は厚さ3〜5mの関東ローム層。標高は北部で25〜50m,南部で100m。大部分は明治以後に開拓された畑作地で,旧陸軍用地や牧場も多く,近年は都市化が著しい。
→関連項目旭[市]市川[市]市原[市]印西[市]海上[町]小見川[町]柏[市]鎌ヶ谷[市]栗源[町]神崎[町]佐倉[市]佐原[市]山武[町]酒々井[町]芝山[町]下総[町]沼南[町]庄和[町]白井[市]白井[町]大栄[町]多古[町]千葉[県]手賀沼東金[市]東庄[町]富里[市]富里[町]流山[市]習志野[市]成田[市]干潟[町]光[町]船橋[市]房総半島松尾[町]松戸[市]八街[市]八千代[市]山田[町]八日市場[市]横芝[町]四街道[市]両総用水

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもうさだいち【下総台地】

関東平野の南東部を占める台地。大部分がかつての下総国の領域にあたるのでこの名があるが,南縁部に上総(かずさ)国が含まれるので両総台地とも呼ばれ,また常陸(ひたち)台地と合わせて常総(じようそう)台地とも呼ばれる。北縁は利根川,西縁は江戸川に囲まれ,南縁は東京湾に臨み,南東は房総丘陵に接し,東縁は九十九里浜低地に接する。洪積世成田層の黄灰色の海成砂層から成り,表層には2~3mの厚さの褐色の関東ローム層が載り,浅海底が隆起して生じた海岸平野に由来する洪積台地である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しもうさだいち【下総台地】

千葉県中部以北の台地。北は利根川、南は上総台地につながる。台地中央に成田国際空港がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕下総台地(しもうさだいち)


千葉県北部の洪積台地。利根(とね)川南岸から房総(ぼうそう)半島北部にかけて広がる。上総(かずさ)の一部を含むため、両総(りょうそう)台地ともよばれる。茨城県の常陸(ひたち)台地と合わせて常総(じょうそう)台地とも総称される。台地面は樹枝状に低地が入り込み、水田に利用されている。標高は北部で約20~40m、南部で約100m。江戸期には馬の放牧が行われ、明治期以後に開墾が進められた。かつては陸軍演習場などもあった。近年、住宅団地・工業団地が建設され都市化が著しい。野菜栽培などの近郊農業も盛ん。1978年(昭和53)、成田(なりた)市に新東京国際空港(成田空港)が開設された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下総台地
しもうさだいち

千葉県の中部から北部にかけて広がる台地。その大部分が下総国に入っていて、上総(かずさ)国の一部が含まれる。南東に広がる上総台地とあわせて両総(りょうそう)台地ともいうが、上総・下総両台地の地形面が同一のため、広義の下総台地には上総台地も含まれる。標高約30~40メートルで北に低くなっており、10~20メートルの崖(がけ)をもって利根(とね)川低地へと落ち込み、西は江戸川に面する。台地東端は九十九里平野に接し、九十九里浜の海岸線に並行して30~50メートルの急崖(きゅうがい)が直線状に続く。第四紀更新世(洪積世)に形成された地形で、台地下層に古い粘土層、その上に浅海堆積(たいせき)物の成田層が積もり、最上部に火山灰からなる赤土の関東ローム層が3~6メートルの厚さで堆積している。水が得にくく、近世には点在する古村のほか、小金(こがね)五牧、佐倉七牧などの江戸幕府直轄の野馬の放牧場が置かれていたにすぎないが、士族授産を目的とした明治以後の開拓によって新しい農業集落が発生し、台地中央部の八街(やちまた)、富里(とみさと)などは、経営規模が大きく専業率も高い畑作農業地域をなす。台地西部は江戸川を挟んで東京都と接し、都市化が進行して住宅地や商工業地が拡大しているが、野菜生産を主とした近郊農業地域も混在している。
 都市近郊を除いては粗放的な土地利用が行われており、広い土地が確保できるので成田市に新東京国際空港(現成田国際空港)が開設(1978)され、また船橋市北部や白井(しろい)市、印西市にかけては千葉ニュータウンの大規模開発が進展(事業期間1969~2014)している。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

下総台地の関連キーワード九十九里県立自然公園成田ニュータウン千葉ニュータウン大網白里[町]花見川[区]成東[町]栗源[町]白井[町]沼南[町]大栄[町]芝山[町]佐原[市]干潟[町]印西[市]山武[町]江戸川台光[町]幸田貝塚関東平野工業団地

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android