コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沿岸漁業構造改善政策 えんがんぎょぎょうこうぞうかいぜんせいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沿岸漁業構造改善政策
えんがんぎょぎょうこうぞうかいぜんせいさく

沿岸漁業の生産性の向上と所得の増大をはかることを目的として,その生産構造,経営組織を改善しようとする政策。 1960年代からの高度経済成長のもとで,沿岸漁業者と他産業従事者との間に所得格差が生じたため,高い所得をあげうる漁家経営を育成する政策が展開された。これを促進する施策として,1962年度から沿岸漁業構造改善事業が実施され,漁場の改良・造成事業および冷蔵庫,種苗生産施設などの共同利用施設の整備事業に対する補助,漁船の近代化のための低利融資などが実施された。また,1988年より新沿岸漁業構造改善事業が開始され,近年の沿岸漁業を取巻く環境の大きな変化に対処するため,(1) 資源培養,管理型漁業の推進,(2) 計画生産体制の確立,(3) 漁村社会の活性化を目標としている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

沿岸漁業構造改善政策の関連キーワード沿岸漁業

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android