コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉沢石仏 いずみさわせきぶつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泉沢石仏
いずみさわせきぶつ

福島県南相馬市小高(おだか)区泉沢の大悲山(だいひざん)に存在する平安時代後期の磨崖仏(まがいぶつ)。前岩屋の薬師(やくし)堂、その東の阿弥陀(あみだ)堂、後岩屋の観音(かんのん)堂の三者よりなる。阿弥陀堂の阿弥陀三尊および観音堂の千手(せんじゅ)観音立像は磨滅が著しい。薬師堂は、砂岩を掘削した岩窟(がんくつ)で、間口14メートル、奥行5.1メートル、高さ5.4メートル、中央部に半肉彫りの3躯(く)の如来坐像(にょらいざぞう)、2躯の菩薩(ぼさつ)立像を配している。中央の如来は彩色の跡が残り、また、そのほかの菩薩と比丘(びく)は線刻で表現されている。国指定史跡。[坂詰秀一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

泉沢石仏の関連キーワード石仏岩屋

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android