コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉沢石仏 いずみさわせきぶつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泉沢石仏
いずみさわせきぶつ

福島県南相馬市小高(おだか)区泉沢の大悲山(だいひざん)に存在する平安時代後期の磨崖仏(まがいぶつ)。前岩屋の薬師(やくし)堂、その東の阿弥陀(あみだ)堂、後岩屋の観音(かんのん)堂の三者よりなる。阿弥陀堂の阿弥陀三尊および観音堂の千手(せんじゅ)観音立像は磨滅が著しい。薬師堂は、砂岩を掘削した岩窟(がんくつ)で、間口14メートル、奥行5.1メートル、高さ5.4メートル、中央部に半肉彫りの3躯(く)の如来坐像(にょらいざぞう)、2躯の菩薩(ぼさつ)立像を配している。中央の如来は彩色の跡が残り、また、そのほかの菩薩と比丘(びく)は線刻で表現されている。国指定史跡。[坂詰秀一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

泉沢石仏の関連キーワード石仏岩屋

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android